財務改善アドバイスのサイトへようこそ!

管理人の財務改善アドバイザー 

西田千織です(^-^)/

 

財務改善とは?

「経営者の役に立ちたい」

これは、経理・財務担当者の願いではないでしょか?

 

しかし、経理という立場で、毎日数字を見ていると、

過去の数字をまとめることが仕事になり、

変化することは、自分の仕事のミスにつながる可能性がありますから、

保身のため、変化することに憶病になっている自分がいました。

 

会計業界にどっぷりつかって、早10年。

財務コンサルタントの篠崎先生に出会いました。

 

私が、篠崎先生にした最初の質問は、

「決算書が読めるとはどういうことですか?」

でした。

 

篠崎先生は、

「問題を見つけて、解決すること」

と、おっしゃいました。

 

私は、10年間決算書を作り続けてきましたから、

どんな取引が、決算書にどう表示されるかを理解していました。

 

しかし、決算書から問題を見つけて解決する

ということが、できませんでした

 

決算書は、会社の健康状態に例えられます。

「会社の健康状態が良いか、悪いか、見ることができて、

悪いなら良くなるための改善策が言える」

 

これが、経理担当や財務担当のお役目だと認識し、

やっと目が覚めた気持ちでした。

 

篠崎先生が企業再生の現場で

死にそうな会社を数多く、見てこられた上で、

財務改善に真摯に取り組まれている姿に、

「経営に役立つ数字の使い方はこれだ!」と、光を見ました。

 

財務は、経営そのものです。

財務を改善するということは、

経営の意思決定そのものを改善するということです。

 

経営の意思決定は社長の役目です。

経営の意思決定を数字で裏付けて、説明するのが財務の役目です。

 

経営の意思決定のツールとしての

「貸借対照表」「損益計算書」「資金繰り表」

この3つの密接なつながりを篠崎先生から学びました。

 

経理、会計を10年やっていても経営の役に立っている実感が持てなかったのは、

本当の意味で、この3つのツールの使い方を理解していなかったからです。

 

財務改善オンラインスクールでは、

「貸借対照表」「損益計算書」「資金繰り表」に

とことん真面目に、きちんと向き合い、

経営者の意思決定をサポートできる技術をお伝えしていきます。

 

財務改善オンラインスクールで、財務を見る力を高めて、経営者の右腕となり、

自信と誇りを持って経理、財務の役目を担ってくださる方が、増えていくことを願っています。

 

また、経営者が安心して、経営ビジョンを実現している

その環境を支えているのは、経理・財務担当者だと信じていますから、

あなたの力で、あなたの会社の経営者が元気になってくれたら、本当に嬉しいです!

 

>>無料会員登録ページ

The following two tabs change content below.
西田千識

西田千識

はじめまして。 ありがとう会計株式会社 代表取締役 西田千織です。 私が起業した理由は、社長のお役に立ちたいと感じたからです。 社長の円満リタイアを実現する、財務改善をアドバイスするサービスを提供しています。